コラーゲンについて   



 L-カルニチンのその他の健康効果

   
 L−カルニチンは心筋に多く存在し、心臓を動かすために効率よく
遊離脂肪酸やブドウ糖をATPに変換しています。アメリカでの研究では
L-カルニチンが足りなくなることによって、心臓の組織の能力が落ち
心筋症などになりやすくなることが判っています。
 また 同様の理由でL−カルニチンは腎臓や肝臓なども守っている
ことが判っており、糖尿病や肝臓病、腎臓病などに効果が期待されて
います。 ダイエットの大きな障害になり、若者のキレる原因ともなる
低血糖症もL−カルニチンの摂取で改善することがアメリカで証明
されています。 L−カルニチンはリジンと摂取することで血液中の中性
脂肪を減らします。これはリジンやアルギニン、オルニチンなどのアミノ酸
が褐色脂肪細胞での脂肪燃焼リパーゼの産生を活発にして血液中の
中性脂肪をエネルギーとして使ってしまうからではないかと考えられて
います。
 その他、脳細胞の減少のスピードを抑制し、痴呆症予防につながることが
期待されます。




 











©2005 denpun.com. All rights reserved. Supported by bit.