コラーゲンについて   



 L−カルニチンの効果効能

 L−カルニチンは今まで日本では医薬品とされていましたが、
2002年に食品に分類されてから健康食品として人気を集めました。
L-カルニチンは二つのアミノ酸、リジンとメチオニンから構成された
成分で、肉などから摂取することができ、体の中でも合成することが
できますが年齢とともにその生産量が落ち、それにともなって
(L-カルニチンが不足することによって)様々な体調への影響が懸念
されることとなりました。
 L-カルニチンは、海外では心臓疾患、運動能力改善などに
使われていますが、日本では主としてダイエット用健康食品として
一躍人気を集めました。カルニチンはブドウ糖や遊離脂肪酸を筋肉で
使うために非常に重要な役割を持っているとされます。
このことがL-カルニチンのダイエット効果として注目され話題となっています。








©2005 denpun.com. All rights reserved. Supported by bit.