コラーゲンについて   


ヘスぺリジン(ビタミンP)とは?

 
温州みかんなど柑橘類に多く含まれる天然由来の物質です。
漢方生薬「陳皮」の主成分であり、漢方の世界では健胃、咳を鎮める、
痰をきる目的の他、食欲不振、嘔吐、疼痛症状の場合に用いられるようです。
しかしながら、有益な機能が認識されながら、水への溶解性が極めて低く、
消化管内で不溶化し吸収されずに排出される可能性が高いという欠点を
持っていました。
 近年、ヘスぺリジンにブドウ糖を結合させ、
水への溶解性を10,000倍以上
に向上させる製法が開発されました。この製法による、
糖転移へスペリジンは、
小腸内の酵素によってへスペリジンとグルコースに加水分解され、
吸収性が
約3倍向上
することが確認されています。
 


糖転移ビタミンPの機能性

■みかん皮などに含まれるへスペリジンは、ほとんど水に溶けず摂取しても
大部分が体外に排出される。へスペリジンにブドウ糖を結合する事により、
溶解度は約10,000倍。(水100mlに対しへスペリジンは0.002gの
溶解。糖転移ビタミンPは20g。<常温>)
また、
小腸などでの吸収は約3倍向上。
■血中でのビタミンCの安定化。  
ビタミンCとの同時摂取をお薦めします。
(ビタミンCの血中保持時間を延長>抗酸化作用)

■へスペリジンの持つ
血管拡張機能(血流改善)で、冷え性、
リウマチ症状等の緩和。
■甜茶エキスなどとの組み合わせによる
抗アレルギー効果。(研究中)
骨粗鬆症予防(研究中)






関連サイト

■江崎グリコ株式会社(新素材)
■ニュースリリース@
■ニュースリリースA
■ニュースリリースB



©2005 denpun.com. All rights reserved. Supported by bit.